世界日報 Web版

ノートルダム火災は警告


マーク・ティーセン

アメリカ保守論壇 M・ティーセン

 イースターの週末、フランスでは依然、800年の歴史を持つパリのノートルダム大聖堂の火災による動揺が続いていた。この大聖堂の崩壊は、欧州全体のキリスト教の後退を象徴するものであり、米国にいる私たちも警告と捉えるべきである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ