世界日報 Web版

ロシアで核水中ドローン搭載潜水艦が進水


ビル・ガーツ

 ロシアは、核弾頭を搭載可能な高速水中ドローン「ポセイドン」を発進させられる初の潜水艦を進水させたことを明らかにした。米国にはポセイドンのような兵器はなく、専門家は、戦略核削減交渉で保有を禁止すべきだと警鐘を鳴らした。

 ロシアのタス通信が23日に報じたところによると、この潜水艦は、「特殊目的」原子力潜水艦「ボルゴロド」とされており、ロシア北部セベロドビンスクの造船所で進水した。6発のポセイドンを搭載可能という。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ