世界日報 Web版

中国、深海でも軍事利用推進


ビル・ガーツ

 中国は非対称戦能力の強化を進めているが、それは宇宙とサイバー空間だけにとどまらない。中国軍が、10年かけて深海での兵器と軍事力を増強する計画を持っていることがこのほど明らかになった。

 中国国営メディアによると、中国軍は、水深1000㍍以上の深海で使用可能な兵器の開発を要求しているという。

 南京大学の南シナ海共同革新研究センターと連携する軍研究者チェン・シュー、フェン・リャン両氏が昨年12月、計画を公表。それによると、深海の軍事利用には、軍事基地、早期警戒システム、「深海兵器・装備」を備えた設備の建設が含まれる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ