世界日報 Web版

断交ドミノは台湾にとって好機


丹羽 文生

拓殖大学海外事情研究所准教授 丹羽 文生

 「中華民国」とは何か、どこにあるか。こう問われても、大半の人は首を傾(かし)げるだろう。今や「中華民国」なる言葉は死語になったと言っても過言ではない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ