世界日報 Web版

男女嫌悪社会


韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

 男性を“韓男虫”(韓国男性は虫のようだ)、女性を“テンジャン(味噌)女”(誇示型消費にはまった女性)と皮肉り合っていた男女間の葛藤(対立)は2016年の「江南駅無差別殺人事件」で臨界点を超えた。 急性統合失調症患者の犯人は「女性たちに何度も無視されて犯罪を犯した」と陳述し、対立に火を付けた。当時、「これは女性嫌悪殺人」「お前たちは逆に男性嫌悪じゃないか」というポストイット(糊付き付箋)が貼られた。若い女性たちは、「スムシルハン」(男は息をする=スムシル=毎に1=ハン=回ずつ殴られなければならない)などのきつい表現もためらいなく使った。

 今の2030女性(20代、30代の若い女性)は幼稚園から大学まで同年代の男性と同等に競争した世代だ。彼女たちが社会に進出して出くわす差別に我慢できず声を上げるのは当たり前の現象だ。男性への逆差別論争と女性優遇策に反対する男性の声が上がるのは、男性が女性に逆転された世相の変化と無関係ではない。女性たちの「(ソウル地下鉄)恵化駅集会」に対抗して、男性たちも「(昨年11月に起こった大田)コムタン食堂セクハラ事件」の(男性)被疑者有罪判決に対する糾弾集会を開いた。「女性はなぜ軍隊に行かないのか」という主張を両性平等スローガンとして叫んでいるが、男性側の危機感が表れた端的な例ではないか。

 いわゆる「梨水駅暴行事件」(13日に起こった男女グループ間の暴行事件)で触発された“女嫌・男嫌”論争が極端な性対決に突き進んでいる。この事件が格別の注目を集めているのは、事件当事者の男女グループが互いに相手方を性的に卑下・嫌悪したという話が広まってからだ。女性に暴力を振るった男性の処罰を求める青瓦台(インターネット)国民請願は掲載後1日で同意者が30万人を超えた。しかし、事件当時の動画が急速に広まることで、女性たちが書いた(男性側に全ての責任があるとする)表現の方を問題視して“男性嫌悪”事件だという反論もかなり出てきている。

 地域、貧富、年齢など、韓国社会の対立要因に“男女”が追加される様相だ。嫌悪はさらなる嫌悪を呼ぶだけだ。こんな現象を放置すれば社会が病んでしまう。まず、根深い男性優越意識を捨てなければならないのではないか。男女が“違うこと”を認め、互いに包容し合ってほしい。世界最高速度の“低出産危機”に直面するわが国の若者たちが恋愛まで忌避するのではないか心配だ。

 (11月19日付)

※記事は本紙の編集方針とは別であり、韓国の論調として紹介するものです。