世界日報 Web版

露の脅威に目覚めた民主


マーク・ティーセン

米コラムニスト マーク・ティーセン

 ロシアのプーチン大統領は、2016年の米大統領選への干渉で、旧ソ連の残忍な体制下でも成し遂げられなかったことを達成した。民主党を対露強硬派へと変えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ