世界日報 Web版

米国防次官、宇宙軍の創設を検討


ビル・ガーツ

 ジョン・ルード米政策担当国防次官は、トランプ大統領による陸海空軍などと並ぶ「宇宙軍」創設の指示について検討を行っていることを明らかにした。

 ルード氏は、コロラド州で開催された安全保障に関する会議で、中国、ロシアなどの敵対国は宇宙で軍事的影響力の拡大を目指しており、人工衛星が攻撃されれば、米国は大きな痛手を被ることになると指摘、「その脅威に対抗するために、物理的な力を強化するだけでなく、態勢を整え、訓練し、武装させる必要がある」と強調した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ