世界日報 Web版

保守派への攻撃続けるSPLC


マーク・ティーセン

米コラムニスト マーク・ティーセン

 非営利団体「南部貧困法律センター(SPLC)」は、偏狭な考えから、善良な人々に対しいわれのない中傷をしてきたが、ようやくその責任が問われることになった。イスラム過激派だったマージド・ナワズ氏が、いんちきの「反イスラム急進派へのフィールドガイド」に参加させられたとSPLCを訴え、SPLCは今週、和解金337万5000㌦を支払い、公式に謝罪することで合意した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ