世界日報 Web版

米朝会談、前のめりは禁物


マーク・ティーセン

米コラムニスト マーク・ティーセン

 ノーベル平和賞を授与されるのではないかという見方が出ていることにトランプ大統領はさぞかし、わくわくしていることだろう。政治的エスタブリッシュメントから見下げられてきたのだから、韓国の文在寅大統領が、トランプ氏はノーベル賞にふさわしいと言った時のリベラル派の怒りの反応は、トランプ氏にとって愉快なものだったはずだ。受賞演説を聞いてリベラル派が落胆するのを見るのは、もっと愉快なはずだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ