世界日報 Web版

中国、留学生使い米でスパイ活動


ビル・ガーツ

大学の先端技術盗み出す

 米政府の国家防諜(ぼうちょう)セキュリティーセンターのビル・エバニナ長官は今月中旬、アスペン研究所での会合で、中国が教育機関や留学生を使って、米国の政府、民間部門から極秘情報を盗み出していると強調、中国のスパイ活動が米国にとって重大な脅威になっていると訴えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ