世界日報 Web版

閣僚は本来の職務果たせ


マーク・ティーセン

米コラムニスト マーク・ティーセン

 トランプ大統領が、ジョン・ボルトン氏を国家安全保障担当大統領補佐官に、マイク・ポンペオ氏を国務長官に指名したことを受けて、批判の声が上がった。トランプ氏はもう、国家安保の意思決定プロセスに対して「大人の」監督はできない、トランプ氏の最悪の勘を閣僚は「チェック」できなくなるという批判だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ