世界日報 Web版

依然強いトランプ氏支持


マーク・ティーセン

米コラムニスト マーク・ティーセン

 CBSテレビの「60ミニッツ」が、ポルノ女優ストーミー・ダニエルズさんとのインタビューを放映する準備を進める一方で、保守派キリスト教徒は偽善者だと非難されている。保守的な価値観を持つ有権者、いわゆる「バリューボーター」が、ポルノ女優でプレイボーイのモデルと関係を持ち、口止め料を支払ったとされているトランプ大統領支持を続けるのはどういうことかということだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ