世界日報 Web版

台湾旅行法 米、台湾との関係強化へ


ビル・ガーツ

 米国で、台湾との高官往来の法的裏付けとなる台湾旅行法が成立した。「一つの中国」を掲げる中国は強く反発、報復の可能性を示唆しているが、米国の中国問題専門家らは、民主主義体制の台湾を共産党一党支配体制に取り込もうとしている中国に対抗する前向きな一歩だと評価した。

 旅行法は、中国への刺激を恐れ、台湾との政府、軍の交流を制限してきた歴代政権の政策を転換するもの。米政府は、1979年の台湾関係法をもとに、米台間の高官の往来を規制し、「一つの中国」政策を支持してきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ