世界日報 Web版

FBIが「孔子学院」を調査、中国のスパイ活動など加担か


ビル・ガーツ

 米連邦捜査局(FBI)は、米国内でスパイ活動、宣伝活動に関わっているとみて、全米の中国政府系教育機関「孔子学院」数十校の調査を進めている。FBIのレイ長官が12日、上院情報委員会の公聴会で明らかにした。

 学院は主に米国の大学内に設置され、表向きは中国語と中国の文化を教えている。しかし、親中プロパガンダと感化活動の拠点となり、人権擁護活動に抗議する中国共産党の学生グループを組織するなどの活動も行われている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ