世界日報 Web版

感動呼んだ一般教書演説


マーク・ティーセン

米コラムニスト マーク・ティーセン

 1月30日夜に初の一般教書演説を行ったトランプ大統領は、大変な課題に直面していた。歴史的な税制改革と規制緩和、保守派判事の指名、「イスラム国」の物理的カリフ制国家を排除、不人気だったオバマケアへの個人の加入義務の廃止、好調な株式市場と経済、過去45年で最低の失業率など、1年間でこれだけの実績を挙げたにもかかわらず、支持率は、演説の前日段階でわずか38%だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ