世界日報 Web版

中露との戦争で敗北も 米シンクタンク


ビル・ガーツ

 米シンクタンク、ランド研究所は最新の研究報告で、米軍は組織化が不十分で、中国、ロシアなどの国家からの脅威、長期化するイスラム過激派との戦争に対応できないと指摘。軍事的脅威に対抗するために構造改革を行い、作戦を練り直すべきだと提言している。

 報告は「米国の軍事費は中国の2・7倍、ロシアの6倍だが、米軍は次の戦争で敗北する可能性が高い」と改革の必要性を訴えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ