世界日報 Web版

原爆の子の像、世界に広げたい


山田 寛

核の年の暮に思う

 一方、国連で核兵器禁止条約が122カ国の賛成で成立した。それに大いに貢献したとして、国際的なNGOの連合体、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)がノーベル平和賞を受賞した。2007年にオーストラリアで発足し、101カ国の468団体(10月現在)参加している連合体。その中に、フランスのヒロシマ・ナガサキ研究所の名もある。1982年に日本人女性、ミホ・シボさんが発足させ、核廃絶の草の根運動を続けてきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ