世界日報 Web版

失われた大統領の道徳的権威


マイケル・ガーソン

米コラムニスト マイケル・ガーソン

 このところペンス副大統領の閣議でのへつらうような態度が目立つ。「1年を通してこの国を復活させるための政治課題に理解を示していただいたことに感謝します」など挙げればきりがない。共産党中央委員会や独裁者の誕生パーティーなら適切かもしれないが、誇り高い社会の一員としては不適切だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ