世界日報 Web版

問われる米国の倫理基準


マイケル・ガーソン

米コラムニスト マイケル・ガーソン

 驚くべきことが日常的に起きている今の政界でも、これほど意表を突かれるようなことはあまりない。トランプ大統領が就任し、米国人のセクハラへの態度が、急速に、しかも大きく変化しているのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ