世界日報 Web版

解放された女性たちのため、戦後70年談話を実践する時


山田 寛

 過激派「イスラム国」(IS)は、イラクのモスル、シリアのラッカなど「首都」や拠点を失い、領土的には壊滅的状態になった。もちろん単純には喜べない。テロネットは世界に拡散し、アフリカ、東南アジア、欧米で拠点作りが企てられている、という。

 一方、ISが退却した現地でも、完全破壊された地域と住民生活の復活という、重大課題が残されている。特に厳しいのは、ISに拉致され、性奴隷にされた女性たちだろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ