世界日報 Web版

フン・セン氏とスーチーさん、民主主義の死と正念場


山田 寛

 民主主義拡大を期待しながら40年、東南アジアを見詰めてきた私は、最近落胆の連続である。

 最大の落胆はカンボジアだ。民主主義が死につつある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ