世界日報 Web版

米、中国の知財侵害調査を開始


ビル・ガーツ

 トランプ米大統領が、米国の知的財産への中国による大規模な侵害の調査を公式に開始することを決めたことは、長年、中国の組織的なサイバースパイ攻撃を受けてきた米企業にとって朗報だ。米通商代表部(USTR)は先月、トランプ大統領からの指示を受けて、通商法301条に基づく調査を正式に開始した。

 USTRによると、調査は8月18日に開始され、「技術移転、知的財産、技術革新をめぐる中国の法律、政策、慣行が違法かどうかを判断する」。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ