世界日報 Web版

中国政府、クシュナー氏に接近


ビル・ガーツ

 中国ウオッチャーらによると、中国政府は、ロシアの米大統領選介入疑惑が中国にも飛び火して反中感情が米国でわき起こり、モラー特別検察官による捜査対象に中国を加えるのではないかと懸念しているという。

 3月にトランプ大統領の娘婿ジャレッド・クシュナー氏の家族が所有する企業が、ニューヨーク・マンハッタンの高層ビル「666フィフス・アベニュー」の株式を中国政府とつながりある大手保険会社、安邦保険集団に4億㌦で売却することを計画していると報じられた。ところが、中国政府は、この報道の政治への影響を最小限に抑えようと躍起だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ