世界日報 Web版

露が極超音速ミサイル試射


ビル・ガーツ

 ロシアは新型の極超音速巡行ミサイル「ジルコン」の試験発射を行った。国防総省は米軍艦艇への脅威になるとして懸念を強めている。米情報機関が追跡したとされるが、詳細については明らかになっていない。

 ロシアの国営メディアによると、ジルコンの速度はマッハ6から8に達し、現在のミサイル防衛システムの迎撃をかわすことが可能になるという。米海軍の駆逐艦、巡洋艦、空母は迎撃ミサイルを装備しているが、これほどの高速のミサイルには対処できず、海軍にとって脅威となる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ