世界日報 Web版

中国サイバー攻撃に民間企業協力


ビル・ガーツ

 中国広州に本社を持つサイバーセキュリティー企業、博御信息(Boyusec)が同国情報機関、国家安全省の世界的なサイバー情報活動を行っていたことが、サイバーセキュリティー専門家らによって明らかにされた。専門家からは、中国によるサイバー攻撃のリスクの再検討を求める声が上がっている。

 博御信息は、国家安全省のために外国企業や政府の情報を盗み出す大規模なサイバー活動を行っていた。これは、将来、紛争が起きた際のサイバー攻撃に備える活動だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ