世界日報 Web版

ロシア、反米軍情報戦を強化


ビル・ガーツ

 ロシアは、東欧の各国政府や、駐留する米軍への信頼を損ねることを狙った偽情報活動を活発化させている。米政府当局者が明らかにした。

 米当局者は「数多くのフェイクニュース、プロパガンダ、うそがこの2週間の間に出回った。一部にすぎないが特に挙げるとすれば、ポーランド、エストニア、ウクライナで顕著だ」と偽情報がインターネット、ニュースメディアを通じて拡散していることを指摘した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ