世界日報 Web版

中東で失われる米国の覇権


Charles Krauthammer

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

 オバマ大統領が執務室を去るまでわずか数週間を控えて、シリアのアレッポが陥落した。後退と撤退のオバマ氏の中東政策だからこその結末だ。破壊された都市の哀れな姿こそ、まさにこの中東政策の結果だ。年末の記者会見でオバマ氏は、いつもと同じごまかしで自身の無為無策を正当化した。どちらかに肩入れするか、イラク・スタイルの大規模な地上軍派遣かどちらかしかなかったと訴えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ