世界日報 Web版

猫選手を応援するわけ


yamada

国旗・国歌の重みを認識しよう

 先日、リオ五輪選手団壮行会で、森喜朗・東京五輪組織委員長が「国歌を歌えない選手は、日本代表じゃない」と苦言を呈した。朝日新聞のコラム「天声人語」は「国を背負わされることで失われる豊かさがある」と批判し、「国境を忘れるほど」競技自体を楽しもうと呼びかけた。

 壮行会でいまさらこんな苦言が出るのも、それが批判されるのも、日本だけだろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ