世界日報 Web版

東大に軍事研究の萌芽


 自衛隊専門紙(朝雲1月7日付)に次のような記事が掲載されていた。

 自衛隊地方協力本部長の梶原直樹陸将補が、東京大学工学部で学生約190人に対し「産業総論」の講義を行った。平成16年から東大大学院工学研究科機械工学専攻の教授の依頼を受けて実施しているもので、昨年11月18日に「軍事と科学技術」というテーマで講義が行われた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ