世界日報 Web版

民間医出身の医官誕生


 自衛隊の福岡地方協力本部で予備自衛官補(技能=医師)として採用され、その後、技能公募予備自衛官として勤務していた伊藤実予備2等陸佐(48歳)が、「医科・歯科幹部採用試験」に合格。10月1日付で医官(2佐)として採用された(自衛隊専門紙・朝雲新聞12月10日付)。

 予備自衛官から医官への「転進」は伊藤2佐が全国で初めてだ。現在は、自衛隊福岡病院(福岡県春日市)に内科医として勤務している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ