世界日報 Web版

「新地平」を開く冥王星探査


Charles Krauthammer

発見者の遺灰を搭載

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

 【ワシントン】何か景気のいい話はないものだろうか。パルミラの遺跡が破壊され、キタシロサイは絶滅の危機に瀕(ひん)し、欧州統合への最も野心的な試みは脅威にさらされている。感染症がはやっている。そういえばディスカバリー・チャンネルの「シャーク・ウイーク」が始まった。世界を元気にしてくれるものはどこにあるのだろうか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ