世界日報 Web版

フィクションと歴史の共存 変化する時代の価値観


Charles Krauthammer

意図的にゆがめられた事実

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

  【ワシントン】ヘンリー8世の宮廷を描いたマン・ブッカー賞受賞の歴史小説「ウルフ・ホール」。トマス・クロムウェルとトマス・モアの対立をかつてないほどに劇的に描いたこの小説が連続テレビドラマになり、PBSで放映された。気が狂いそうなほどひどい。

 気が狂いそうなほどに歴史が意図的にゆがめられている。しかし、ドラマは構想から製作まで非常によくできていて、そんなことには誰も気付かない。陰気で、人の心をつかみ、皮肉に満ちた想像の産物を前にすれば、歴史的に間違っていようと、金を払ってでも見てみようという気になる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ