世界日報 Web版

欧州で反ユダヤ主義が復活


チャールズ・クラウトハマー

イスラエルへの連帯を

米コラムニスト  チャールズ・クラウトハマー

 【ワシントン】アウシュビッツ解放70年の1月27日、恒例の式典が行われ、哀悼と「二度と起こさない」という誓いが表明される中、欧州で悲しい現実が目撃されている。反ユダヤ主義が、猛烈な勢いで欧州に返ってているのだ。

 これは例年のことだ。パリのユダヤ食料品店で起きた殺戮(さつりく)は、シャルリエブドでの事件と関連付けられなければ、世界がこれほど注目することはなかっただろう。トゥールーズでラビと3人の子供が殺害された時も、ブリュッセルのユダヤ博物館で4人が殺害されたテロ事件も注目されることはなかった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ