世界日報 Web版

経済効果と安保懸念


 外務省は11月8日、中国人に対する「数次ビザ(査証)」の発給要件を緩和することを決定した。

 現在、沖縄県の尖閣諸島をめぐる日中関係の冷え込み以降、航空路線の運休、減便も影響してか、中国からの旅行者数は減少したままの状態が続いており、今回の緩和をきっかけにして、日中間の人的交流を拡大させ、観光立国推進や地方創生への取り組みを強化し、日中の融和ムードを後押しする狙いがあるとしている。

 果たして外務省の思惑通りに、事は進むのだろうか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ