世界日報 Web版

一方的に法を修正する米政府


チャールズ・クラウトハマー

共和党が法的手段検討

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

 【ワシントン】最高裁は今週、温室効果ガス規制での過剰反応をめぐって環境保護局(EPA)に警告した。クリーンエア法は、年間250㌧、場合によっては100㌧を排出する汚染源を対象としている。この基準は、温室効果ガスに適用されると意味がない。幼稚園から食料品店まで数多くの組織が対象となり、話にならないからだ。そこでEPAは恣意的に、二酸化炭素排出の基準を10万㌧にした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ