わが物顔の電動三輪車 フィリピンから

かつてフィリピンで迷惑車両と言えば「キング・オブ・ロード」と呼ばれ黒煙をまき散らして走るジプニーだったが、今道路で一番迷惑な車両としてやり玉に挙がっているのが電動三輪車だ。

日本でも電動キックボードによる事故や迷惑走行が問題になっているが、ここフィリピンにおいても登録のいらない電動三輪車が急速に普及し社会問題化しているのだ。

三輪車といってもタイのトゥクトゥクを一回り小さくしたくらいの大きさがあり、4~5人ほどが乗れる。速度が遅いので幹線道路などの走行は原則禁止されているようだが、歩道や自転車レーンを逆走したりとまさにやりたい放題である。

自転車と同じく免許不要なので取り締まりの対象にもなっておらず、交通取締員も見て見ぬふりといった感じだ。しかし幹線道路の中央車線をノロノロ走行したり、急に車線変更したりと、ネット上には電動三輪車の迷惑走行に関する告発動画があふれており、運転手の不満は相当高まっているようだ。

電動三輪車を未成年者が運転したり、実際に事故が起きたりと各地でトラブルが相次いでいるため、登録の義務化を求める声も高まっている。政府の遅い対応にしびれを切らし、独自規制の導入を検討する自治体も出てきているほど問題は深刻化している。

spot_img