【東風西風】新作歌舞伎「俵星玄蕃」

東京歌舞伎座正面

12月は「忠臣蔵」の季節だが、東京・歌舞伎座では、第二部で「俵星玄蕃(たわらぼしげんば)」をやっている。本所横網町に道場を構える槍(やり)の名人、俵星玄蕃は実在の人物ではなく、大玄斎蕃格という講釈師が創作した人物。三波春夫の歌謡浪曲が有名にした赤穂義士外伝を新作歌舞伎にした。俵星玄蕃を尾上松緑、夜泣き蕎麦(そば)屋の十兵衛実は赤穂義士杉野十平次を坂東亀蔵が演じている。

脚本制作を講談師の神田松鯉が協力しているが、講談や三波春夫の浪曲歌謡のイメージが強く、演劇としてはいまひとつ物足りない感じがした。討ち入りの日に、助太刀に駆け付けた玄蕃に十平次が「せんせー」と声を掛け、玄蕃が「おお蕎麦屋か」と応じるところなど、三波春夫の「俵星玄蕃」ほぼそのままの感じで、場内から微(かす)かに笑いが起きたりした。

新作への挑戦もいいが、師走はやはり「仮名手本忠臣蔵」を観(み)たい。江戸時代から上演すれば必ず当たるので「独参湯(どくじんとう)」と言われる「忠臣蔵」。これが国民劇ともいうべきものになったのは、日本人の心の深いところに響くものがあるからだ。

大星由良之助が当たり役だった2代目中村吉右衛門が亡くなったのは大きな痛手だが、15代目片岡仁左衛門が由良之助を演じた、「祇園一力茶屋の場」が良かった。さすが人間国宝、色気があってかつ由良之助役に求められる重みがある。京都・南座の12月公演に足を運べば、仁左衛門演じる由良之助の「一力茶屋の場」を観ることができる。

(晋)

spot_img
Google Translate »