【上昇気流】(2023年10月25日)

羽田空港

NHKはドキュメンタリー番組「プロジェクトX~挑戦者たち~」を来年4月に18年ぶりに復活させるという。そのニュースを聞いて「風の中のすばる/砂の中の銀河」で始まる中島みゆきさんの「地上の星」の歌声が心に響いた。番組の挿入歌として印象深かった。

2000年3月から6年近くにわたって約190本が放映された。いずれも難題を克服していくサクセスストーリーで「やればできる」の勇気を視聴者に与えた。平成不況の長いトンネルからどう抜け出すか、そんな課題を見据えた番組だったように思う。

その中に「新羽田空港 底なし沼に建設せよ」(04年6月29日放映)がある。羽田空港のある場所は凄(すさ)まじいヘドロの海で、超軟弱地盤だった。悪臭もひどく現場の作業員は「羽田地獄」と呼んでいた。番組はその難局に立ち向かい、空港拡張を見事に成し遂げた技術者たちのドキュメントだった。

沖縄県名護市の辺野古沖も超軟弱地盤だという。それを理由に左派勢力は米軍普天間飛行場の移設工事にいちゃもんをつけている。

だが、羽田だけでなく関西国際空港も軟弱地盤だったが、海上空港を立派に開港させている。辺野古が建設できないわけがなかろう。そう確信する。

NHKが「プロジェクトX」を復活させるのは、現下の日本が「平成トンネル」に似たような閉塞(へいそく)感に覆われつつあるからだろう。地上の星は今、何処にあるのだろう。新番組よ、ぜひ教えてほしい。

spot_img