健康寿命延ばす歯の健康

歯磨き

小学校2年生になった孫は、歯の生え替わりの時期を迎えている。上の前歯2本が抜け落ちて、その隙間のある歯並びが何ともいえず、かわいらしい。その隙間のことをいじると、恥ずかしそうに口を手で隠すのだが、そのしぐさが、また、かわいらしい。毎日歯磨きしていると言っているが、わんぱく盛りだけに、お母さんに言われてしぶしぶ磨いている姿が目に浮かぶ。新しい前歯が生えてきたら、それは一生使うものだから、もっと丁寧に磨くんだよと言ったら、元気よく「はい」と答えたが、どこまで理解しているのやら…。

歯について、筆者は子供の頃、あまりいい思い出はない。歯磨きが嫌いで、イチゴ味やバナナ味がする子供用の歯磨き粉が出た時も最初はその味に引かれて何日か使ったが、すぐにやめてしまった。おかげで、小学生の頃は歯医者の常連で、当時は吸引装置がなかったので、削りかすが混ざった唾を何度も飲み込みそうになったり、歯の神経を殺す薬を入れて痛さにもがいたり、ペンチみたいなもので永久歯の奥歯を引き抜かれたりした“痛い”記憶がある。しかし、中学生からは徐々に歯磨きをするようになり、高2の時と社会人になった頃に本格的に治療をしてからは、その補修程度の治療だけで済んでいる。

筆者が子供の頃は、下の糸切り歯(犬歯)2本だけしか見えない老人が少なくなかった。あの2本だけでどうして肉や野菜をかみ切るのか、食べにくいだろうなと思ったものだ。今は歯の治療の設備や技術、人工歯の素材などが格段に進歩して、痛くない治療を受けられ、老人の歯並びも格段に良くなった。

それは老人の健康や寿命にもいい影響を与えているはずだ。残った歯の数が寿命や認知症の発症率に影響しているという調査結果もある。筆者も大いに勇気づけられるところだが、欲を言えば、もっと早く歯磨きを励行して自分の歯をもっと多く残しておきたかった。

(武)

spot_img
Google Translate »