世界日報 Web版

失敗を繰り返すケリー長官


チャールズ・クラウトハマー

成果が出ない中東和平

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

 【ワシントン】これほどまでに多くの交渉を自ら呼び掛け、失敗させた国務長官がかつていただろうか。ケリー長官は、あらゆる助言を無視し、方策もないまま、ジュネーブ会議を開催し、シリア内戦を終結させようとした。アサド大統領を権力から追いやることも考えていただろう。だが、会議は、中傷と混乱を招いただけで失敗した。

 ケリー氏はそれに対してどう対応しただろうか。何と、もう一度ジュネーブ会議を開き、中傷と混乱の中で会議は失敗した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ