世界日報 Web版

海洋生態系を損なう放射能汚染水の海洋放出


一般社団法人生態系総合研究所代表理事 小松 正之

 政府は8月24日、東京電力福島第1原発の放射能汚染水の海洋放出の風評被害対策をまとめた。風評被害というが、原発の温廃水や海洋放出は海洋生態系への悪影響の実害をもたらす。

 汚染水は数十年かけて、海水で薄める。その際、多核種除去設備(ALPS)で取り除けない放射性物質トリチウム他は法定濃度の40分の1以下にする。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ