世界日報 Web版

15字の虐殺資料公開、韓国政府はより誠実な対応を


元嘉悦大学教授<br>山田 寛

 韓国軍は解放戦線が頑張る中部の村々で掃討作戦を展開、約80カ所で女性・老人・子供ら9000人を虐殺し、レイプも行ったとされる。現地には慰霊廟や「怒りの碑」などが幾つも立っている。

 ハンギョレは左派で超反日だが、ベトナム現地調査も行い、韓国メディアで唯一この問題に真剣に取り組んできた。

 弁護団は「15字でも、初めて韓国政府保有の虐殺情報が確認された」と言う。だが、賠償訴訟で「韓国軍の仕業か不明だ」と言い続ける政府側の壁は厚い。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ