世界日報 Web版

軍事費2%の責任果たせ、露はNATOの「脅威」


ジョージ・ウィル

約束を守らない中国

米コラムニスト ジョージ・ウィル

 1995年、セルビア人がボスニアの国連職員らを軍事標的に拘束し、人間の盾とした時、米国務長官は戸惑っていた。ウォーレン・クリストファー氏は、「そこで起きている戦いは、完全に道理から外れている」と述べた。文明国家の政治家らは、平和的で合理的であることが国家の間では普通のことだという思い込みを持っていて、その逆の事象を目の当たりにするようなことがあると、少しずつ順応していくもののようだ。だが、合理的でないことは常に起きている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ