世界日報 Web版

中国、ロシアからの暗殺の恐怖に脅える亡命者


ビル・ガーツ氏

高位数百人 CIAが生涯保護

 米情報機関が、ロシア、中国などの敵対国で米国のためのスパイ活動を行った高位の亡命者数百人を、生涯にわたって保護していることはあまり知られていない。このプログラムに関わった中央情報局(CIA)元工作員が、その難しさについてワシントン・タイムズに語った。

 ジョセフ・アウグスティン氏は2004年に退職するまでの28年間、この極秘業務に携わっていた。同氏によると、CIAの保護を受けた亡命者のほとんどは、名前を変え、米国で息をひそめながら新たな生活を送っているという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ