世界日報 Web版

神様、仏様、ワクチン様 自民、単独過半数割れの崖っ縁


政界の風を読むー髙橋利行

 ヒトは誰しも、何時(いつ)かは、己の人生において「究極の決断」を迫られる時がくる。市井の民であろうが、位人臣を極めた人物たるとを問わない。コロナ禍に蹂躙(じゅうりん)されている日本列島の惨状を目の前に遅々として捗(はかど)らないワクチン接種状況を勘案すると、宰相・菅義偉にはふたつの選択肢しかない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ