世界日報 Web版

日本が今また問われる、アジア難民受け入れの覚悟


山田 寛

 日米首脳会談の共同声明が台湾海峡に言及、米インド太平洋軍司令官は、今後6年以内に中国軍の台湾侵攻が起こり得ると予測した。もし侵攻が起きたら、日本はどう米軍後方支援をするかに加え、最前線で備えるべき重要課題もある。台湾からの難民流出だ。

 日米が台湾海峡有事への十分な心構えと準備を示せば、侵攻への抑止力ともなろう。だが日本は心構えがあるだろうか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ