世界日報 Web版

中国攻勢で迫る台湾危機


ジョージ・ウィル

米コラムニスト ジョージ・ウィル

 40年前のロナルド・レーガン大統領をほうふつさせる素晴らしい外交デビューだったと言うと、バイデン大統領、ブリンケン国務長官は困惑するかもしれないから、ここでは、トルーマンのようだとしておこう。アラスカ州アンカレジで18、19日に行われた米中高官協議で激しいやり取りがあったが、それ以前から、バイデン、ブリンケン両氏は、外交では通常、確信を持ち、その確信を相手にも分からせることが賢明なやり方という原則を踏襲しているようだ。

◇冷戦は善悪の戦い


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ