世界日報 Web版

従者に英雄なし、危機突破に女性擁立も視野


 「従者に英雄なし」という言葉がある。世間で英雄とか偉人とか呼ばれ崇(あが)められている大人物と言えども、年中身の回りの世話を焼いている「従者」から見ると、手のかかる「ただの人」に過ぎないという意味である。弁証法を打ち立てた哲学者フリードリヒ・ヘーゲル先生が仰(おっしゃ)るのだから間違いあるまい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ