世界日報 Web版

ワクチン接種は国民の義務


キャサリン・パーカー

米コラムニスト キャサリン・パーカー

 命を救うワクチンが、さまざまな場面で私たちの生活に影響を及ぼすことは間違いない。

 ワクチンの量は必要とされるよりも数千万回分も少なく、まず、ワクチンの配分計画を聞けば、楽観的な考えはしぼんでしまう。誰が接種を受け、誰が接種を受けないのか。誰が決めるのか。政府は、誰が予防措置を施すのに値すると考えているのか。少なくとも、最初の段階ではそのような疑問が生じる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ