世界日報 Web版

「背水の陣」の賭け、連立が破綻すれば天下騒乱


髙橋 利行

 「一強」を誇示している自民党の力の源泉も、突き詰めると、20年にわたる公明党との連立にある。「尾っぽ」が頭を振り回すリスクはあるが、小さな政党が味な力を発揮する。それが連立の妙味である。自主憲法制定を党是とする自民党と、平和と福祉を理念とする公明党だから、いささか「保守」の旗幟(きし)はぼやけるが、揺るぎない「政治の安定」は間違いなく、この両党の連立が齎(もたら)したものである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ